セックスレスな状態を打開する手段として、安価なジェネリック品であるラブグラを使い、性行為を始めたのですが、キスをしている時に今までにない程気持ちが良く、本当に夢のような薬でした。

ラブグラと働き盛りの女性

持続力が長いラブグラは医者の処方箋が必要?

ラブグラは女性用バイアグラとも言われている、内服薬の1つです。
バイアグラをはじめとする性的な薬は男性用しか無いというイメージがありますが、実は女性用の薬も年々増えています。
それだけ女性もセックスに対して悩みを抱えているのです。
セックスの悩みとしては、「快感を得られにくい」という声が良く聞かれます。
膣内が塗れにくかったり、刺激に対してあまり反応しない不感症だと興奮や快感は得られません。
このような症状があると、「自分はセックスに向いていない体質なんだ」と、セックス自体を避けてしまう方も多いようです。
確かに体質的に快感を得にくい方もいるようですが、ラブグラを活用すればセックスの悩みを解消できるかもしれません。
ラブグラに含まれるシルデナフィルという有効成分は、膣内や外陰部の血行を促進する作用があります。
女性器周辺の血流の流れが良くなると、膣内の潤いが増すのです。
また、血行促進によって刺激に敏感となり、快感も得られやすくなります。
セックスの約30分から1時間前に、ラブグラを1錠服用すれば効果を発揮します。
服用してすぐ効く即効性の高さだけでなく、ラブグラは持続力の高さも魅力です。
1回服用すれば約6時間から8時間もの間、性的な快感を得られやすくなるのです。
これだけ長く効果が続くとなると、体への負担が心配になりますがラブグラは、産婦人科で処方されている、れっきとた医薬品です。
巷に出回っているサプリメントとは違うので、安心して服用できるでしょう。
不感症でセックス自体を楽しめない、膣内が塗れにくく挿入時などに痛みを感じるという方は、まず産婦人科を受診して医者に相談してみてはいかがでしょう。
最近は多くの産婦人科で取扱いがあるようです。