セックスレスな状態を打開する手段として、安価なジェネリック品であるラブグラを使い、性行為を始めたのですが、キスをしている時に今までにない程気持ちが良く、本当に夢のような薬でした。

ラブグラと働き盛りの女性

抜け毛の医薬品とラブグラの自己責任な購入法

クリニックでも抜け毛に関する医薬品を購入することが可能です。プロペシアはもちろん、発毛剤であるミノキシジルは薬局でも入手することができます。抜け毛の医薬品は副作用が出にくくいですが、持病がある方には問題を引き起こすことがありますので、医師の診察を受けてから服用が好ましいです。

日本は性機能改善医薬品としてバイアグラが有名です。ED治療薬と呼ばれることが多いですが。女性のバイアグラも発売されています。ラブグラという医薬品であり、男性が服用するED治療薬の成分と作用は同じです。女性器の血流を良くすることで感度が良くなり、性行為を楽しめるようになります。不感症やオーガズム不全の女性に効果をもたらす医薬品がラブグラです。ただしこの医薬品は日本ではまた認可されていません。

バイアグラは厚生労働省のなかでも特別に認可されるのが早かった医薬品です。その理由は個人輸入で求めて、副作用で健康被害を訴える人が多かったことになります。ED治療薬は健康体の人であれば副作用はでにくいですが、心疾患等の持病がある方にはリスクがある医薬品です。このようなリスクを避けるために異例のスピードで厚生労働省はバイアグラを認可しました。このように個人輸入を利用するのはそれだけリスクが高まります。

ラブグラも同じであり、日本では認可されていない医薬品になりますので、自己責任の範囲で購入し服用するようにしてください。日本には医薬品の副作用に対して救済する制度がありますが、個人輸入で発症した場合はこの制度の対象になりません。それほど自己責任の重さがある利用方法です。バイアグラと同じ成分になりますので、特に心疾患の持病がある女性には危険な医薬品であることを理解しておきましょう。