セックスレスな状態を打開する手段として、安価なジェネリック品であるラブグラを使い、性行為を始めたのですが、キスをしている時に今までにない程気持ちが良く、本当に夢のような薬でした。

ラブグラと働き盛りの女性

ラブグラはネットの情報も良く確かめ正しい使い方を

性行為を行うときに不感症な女性の改善が期待できる薬がラブグラで、主成分は男性のED治療薬などにも用いられているシルデナフィルです。血流促進作用があり、女性器周辺の血流が良くなると膣内やクリトリスなどで感じやすくなったりします。膣内は潤いも増すため、挿入時に痛みを感じることが緩和されることで性的快感を感じ取りやすくなります。

ラブグラの成分は腸から吸収されるため食事の影響を受けやすくなり、空腹時に服用することで高い効果が期待できます。服用は性行為の1時間ほど前に水や白湯で飲み、5時間程度薬の作用があります。性的な刺激を与えられれば、感じやすくなるもので、飲んだだけでは興奮などを感じたりすることはありません。

ネット通販でラブグラは買い求めることが可能で、1日の使用上限は100mgとなっていますが、海外女性の体形に合わせた要領であるため、日本人女性は50mgで十分な効果が期待できます。使用方法や商品の詳細をよく読んで、作用を理解し納得できてから購入するべきで、情報不足のまま利用すると高い効果が期待できなかったり、用量や用法を間違うことで副作用が起きることも考えられます。

ラブグラの有効成分であるシルデナフィルは、併用禁忌薬があります。硝酸剤や不整脈の薬で、ニトログリセリンやアンカロンなどとは相性が悪くなります。アルコールやカフェインも良く無いため、薬を飲む前や作用が働いている時間中に体内に入れないほうが良いです。

副作用として頭痛や顔のほてり、めまいなどが起きやすく、動悸や胃もたれが出たり、下痢や発疹がみられる人もいます。アレルギーの症状がある人は重篤な状態に至ることがあるので、服用する前に医師に相談を行うべきです。