セックスレスな状態を打開する手段として、安価なジェネリック品であるラブグラを使い、性行為を始めたのですが、キスをしている時に今までにない程気持ちが良く、本当に夢のような薬でした。

ラブグラと働き盛りの女性

ラブグラの成分は空腹時に吸収されやすい

加齢や病気で子宮を摘出した方、そして仕事などのストレスで女性ホルモンバランスが崩れている方は、セックスをしても快感を得にくいと言われています。
年齢を重ねたり子宮を摘出していると、膣内が塗れにくく挿入時などに痛みを感じやすいのです。
また、刺激を受けても快感を得られずオーガズムに至らないケースも少なくありません。
若い女性でもストレスが多い生活を送っていると、女性ホルモンバランスの崩れによって性的刺激を受けても、興奮できなくなるようです。
このような状態が続くとセックス自体を避けてしまったり、女性としての自信を失ってしまいかねません。
不感症や絶頂不全を解消したいなら、ラブグラという薬を試してみてはいかがでしょう。
ラブグラは女性用バイアグラとも言われている薬で、女性の不感症や絶頂不全の解消に大きな効果を発揮します。
有効成分シルデナフィルが、膣内や外陰部といった女性器周辺の血行を促進し、膣潤をアップするのがラブグラの特徴です。
また、血行が促進されると性的刺激に対して敏感になり、オーガズムを得やすくなります。
セックスを行う1時間前程に、1錠を服用するだけで約6時間から8時間と長い時間、効果が続く点もラブグラの特徴です。
かなり強力な効果があるので、初めて服用する方は半分の量から試すように言われている程なのです。
ただ、ラブグラは食事をした後だと、有効成分の吸収が阻害されてしまい、効果が半減されるという注意点があります。
特に高脂肪の食事やアルコールと一緒に服用すると、全く効果が現れないというケースもあるようです。
せっかく服用しても全く効果が出なかったら元も子もありません。
服用する際は、空腹時を選びましょう。